PHILOSOPHY

食にまつわる全てを楽しくする「フードウェア」カンパニーです。

石川県には3つの漆器産地があり、
「木地の山中」「塗りの輪島」「蒔絵の金沢」と呼ばれています。

また 伝統的な漆器づくりだけでなく、
昭和30 年代からはプラスチック(合成樹脂)の素地にウレタン塗装を施した近代(合成)漆器をつくりだしました。

飛躍的に成果を伸ばし、伝統漆器と併せた生産額で国内トップシェアを誇ります。

株式会社竹中について

山中漆器の産地に1925年、株式会社竹中は創業しました。

内面と側面の塗り分け、塗膜によるなめらかなサーフェスを表現する高い技術で、
ランチボックスをはじめ、さまざまな食器製品を生み出しています。

伝統の技術から生まれた近代漆器は、一般的な樹脂製品とは異なる美しさと品があります。